ダイエット停滞期の抜け出し方!ダイエット停滞期の方必見!

ダイエットを続けていると、ある時を境に体重が減らなくなる場合があります。

きちんと食事制限をしているのに体重が落ちないというのも不思議ですね。

実はこの現象は、「停滞期」と呼ばれる特殊な期間に入ったことを示しています。

停滞期はダイエットにおける難所と言われており、「自分には無理だ」と、きっぱりとダイエットを諦めてしまうダイエッターさんもいるほどです。

今回は、ダイエットにおける難所である停滞期の抜け出し方と、停滞期の対策法を紹介したいと思います。

・停滞期に入るしくみと理由

ダイエットにおける停滞期とは、体がカロリーの消費率を下げた状態です。

物理的に摂取できる食べものの量が減ると、一時的な飢餓状態に入るため、カロリーの消費率を低くして、栄養を体内に留めておこうとするのです。

飢餓と聞くと深刻な印象を受けますが、体の中では「このままでは生命維持に関わりますよ!」と焦っている状況であり、実際に深刻な状態にあります。

人間の体は飢餓状態を察知すると消費カロリーを抑えて、できるかぎり脂肪を蓄えようとします。

このシステムは「ホメオスタシス機能」と呼ばれ、人間の体に自然に備わっている機能とされています。

人間は恒温動物で、常に体温を一定に維持して生きているため、環境が変わっても体内のシステムをできるだけキープしようとします。

この能力こそがホメオスタシス機能と呼ばれるものです。

ホメオスタシス機能が働くのは、ダイエットを開始してから約1ヶ月後。体重の5%程度が減ってからが停滞期の始まりと言われており、60kgの人なら約3kg、100kgの人は約5kg減ったところから始まり、その後1ヶ月程度は停滞期間となります。

ただし、停滞期には個人差があります。年齢や生活強度、基礎代謝量、既往症の有無など、さまざまな要因が重なって停滞期を左右します。

女性はホルモンバランスや生理周期との兼ね合いもあるため、停滞期が続いたり止まったりと、変則的に推移する場合もあります。

仮に、水分を抜いたり食べものを一日1食にしたりするような過激なダイエットを行うと、体は過敏に反応して「生命維持が危険水準に入った」とみなすため、1ヶ月が経たないうちに停滞期が現れてくる場合もあります。

・停滞期における対策方法

停滞期に入ると、ダイエットに失敗したと考える方が多いのですが、実はこれは逆。むしろダイエットができている状態です。

物理的にカロリーの摂取量を減らせば、体は自動的に飢餓状態になります。

飢餓状態に陥れば、体は「低速モード」に切り替わりますから、どこかで必ず停滞期がやってきます。

停滞期をうまく抜けるためには、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

1、体重を減らすことを目的としない

停滞期はあくまでも一時的なもので、期間を抜ければ自然に体重が落ちていきます。

停滞しているからといってさらにカロリーの摂取量を減らしたり、やせ我慢をするのは禁物です。

たとえ2ヶ月以上停滞期が継続したとしても、「現状維持」を心がけるようにしましょう。

2、適度な運動をする

停滞期といえども、ダイエット期間であることに変わりはありません。

しかし食べものの量を大幅にカットすると、今度は飢餓感が強くなり、反動で過食→リバウンドを起こす危険もあります。

そこでおすすめなのが、適度な運動です。近所に散歩に出たり、軽いウォーキングなどをしても良いですし、ジムで本格的なトレーニングを始めてみても良いでしょう。

専門のトレーナーやインストラクターが在籍しているジムなら、ダイエット中の停滞期についても正しいアドバイスが受けられます。

また、正しい呼吸法や筋肉の使い方、基礎代謝量や体のバランスチェックなどもしてもらえますので、一人きりでダイエットを継続するのが難しい方にもおすすめです。

3、代謝を落とさないようにする

停滞期は、ほとんどすべてのダイエットにおいて避けて通ることのできない期間です。

しかし食事を極端に減らしたりするのはかえって体調に悪影響を及ぼす可能性もあるため、できるだけ基礎代謝量を下げないよう、入浴やマッサージなどで体温を上げていきましょう。

基礎代謝が正常であれば、カロリーの摂取量を減らさずに自然に体を引き締めることができます。

手早く効果を出したい方は、入浴やマッサージなどを積極的に行って、代謝を上げる工夫をしてみてください。

4、結果が出なくても焦らない

停滞期が2ヶ月以上も続くと、「本当に体重が落ちるんだろうか」と不安になってしまいます。

しかし、どこかに必ず体重の落ち目は存在していますので、諦めずに普段通りの生活をキープしていってください。

・まとめ

いかがでしたか?

停滞期を迎えると、一見ダイエットに失敗したかのように思えるものですが、ここでどのように毎日を過ごすかが、その後の結果を左右します。

ホメオスタシス機能が作動しているうちは、カロリーの吸収率が非常に高くなっていますから、万が一過食などをすると途端に脂肪がついてしまいます。

ホメオスタシス機能が働いている状態でも代謝量を落とさないよう、できる限り運動などを行うようにしてください。

エクササイズや運動などが難しい、もしくは一人で継続できない場合には、ダイエットメニューを扱うトレーニングジムなどで、専門知識を持つインストラクターの指導を受けることも一つの方法です。