ダイエットしないと怖い!生活習慣病の改善方法のご紹介

ダイエットの目的は、美容のためだけではありません。太り過ぎは生活習慣病など、健康にも関わってきます。

いますぐ始められる生活習慣病の改善方法についてご紹介します。

生活習慣病について

生活習慣病とは、食生活や生活習慣、飲酒や喫煙、ストレスなどの理由により引き起こされる病気の総称です。

生活習慣が原因なので、改善するのは難しいですが、逆に言えば生活習慣を正すことができれば、予防することが可能であると言えます。

主な生活習慣病は、高血圧や動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病などです。ふだんの生活では、なかなか自覚することはありませんが、知らず知らずの内に病状が悪化し、ある日突然命に関わるような症状が出ることもあります。

今の生活が、病気につながることはないか、生活習慣を見なおしてみましょう。

危険な生活習慣とは

・食生活

食事は生活の基本であり、体を作り出す元です。

毎日の食生活が体に与える影響は大きいですね。

ついつい手軽で好きなものばかり食べていないでしょうか。

*高カロリーの食事

*塩分の多い食事

*慢性的な食べ過ぎ

*インスタントやファストフードばかり食べていないか

*夜遅くに食べたり、朝食を抜いていないか

*早食いしていないか

こういった食生活を続けていると、高血圧、高血糖、高脂質になりやすく、糖尿病や動脈硬化になる危険性が高まってしまいます。

また、太りやすくもなるので、メタボリックシンドロームにもなりやすく、見た目だけでなく内臓脂肪も増えて体に負担がかかってしまいます。

・生活習慣

毎日の生活習慣も改善しにくく、知らない内に体に大きな負担をかけてしまうことがあります。

*不規則な生活

*過度の喫煙や飲酒

*過度のストレス

*運動不足

過度のタバコや飲酒も病気の原因になりやすいですが、どんな病気の原因にもなり得るのがストレスです。

ストレスによりタバコの量が増えたり、過食に走ったりしやすいので、食生活にも関わってきます。

また、デスクワークなどでほとんど運動することのない習慣も危険です。

これらの習慣はひとつだけに留まらず、すべてがつながっているので改善するのが難しいですが、逆に、ひとつを改善することができれば、連鎖的にいろいろなことが改善できる見込みがあります。

たとえば、ストレスをなくすことができれば、タバコを吸う機会も減らせるでしょうし、異常な食欲を抑えることにもつながります。

ただ、ストレスは自分だけではなく、外的要因や人間関係によるところが大きいので、改善するのがもっとも難しい問題でもあります。

改善方法

ストレスをなくすには、環境の変化など大きなきっかけが必要になるので、いますぐ改善することは難しいですね。

まずは、できることから改善していきましょう。

・食生活を改善する

インスタント品などお手軽に食べられるものは便利ですが、添加物が多かったり栄養が偏りがちなので、野菜サラダを追加するなど、できるだけバランスよく食べられることを考えてみましょう。

お菓子やドカ食いをしてしまう人は、家に買い置きをしないことも効果的です。

手元にあるから食べてしまうので、手元にないと意外と我慢できるものです。

いきなり自炊をするのはハードルが高いので、そういった買い物の時点で、少しだけ健康について考えて見るだけでも違ってくるでしょう。

・運動をする

今すぐ改善できて、劇的な変化を遂げることができるのが運動です。

特別なことは何もいりません。今すぐ10分ほど歩いてくるだけでもいいのです。

運動不足になると、どうしても消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなってしまうので、肥満へなりやすいでしょう。

肥満は、あらゆる生活習慣病の元にもなり得ます。

また、動かないと筋力も落ちてしまうので、余計に動くのが億劫になって悪循環になってしまいます。

昼間しっかり運動することで、夜は深い上質な睡眠が取れるようになり、朝すっきりと目覚めて朝食もおいしく食べられるでしょう。

運動をすることで改善できることはたくさんあります。運動して汗をかくと、ストレス発散にもなりますので、ストレスそのものを減らせなくても、ストレスによる影響を軽くすることにもつながります。

家から出ることが難しい場合には、家事を積極的に行って体を動かすだけでも効果的ですし、テレビを見ながら軽くストレッチしたり、筋トレや踏み台昇降運動など、なにかをしながら手軽に行うこともできます。

仕事で忙しい人は、通勤時にエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使用するだけでも違います。

楽しく運動しよう

運動をしなければと思っていると、やりたくない気持ちが勝ってしまって、結局何もしないまま過ぎていってしまいます。

運動は、最初はめんどうに思いますが、やってみると楽しく、運動後は清々しい気持ちになります。

「健康のためにやろう」という気持ちでなく、「楽しいからやろう」という気持ちになることがポイントです。

1人ではなかなか続けられなくても、スポーツジムなどのプログラムなどを始めてみると、仲間もできて楽しく続けられるでしょう。