踏み台昇降ダイエットはどうやるの?自宅でもできる踏み台昇降ダイエットの紹介

身体を引き締めるためには運動が必須ですが、忙しくて運動をしている暇がない、という人も多いのではないでしょうか。

運動をしなくてはいけないと分かっていても、なかなか運動をするために時間を確保するのが大変ですよね。

今日こそは…と思っていてもジムに通えないなど、運動ができなくて悩んでいる人はたくさんいるはずです。

でも運動をしないと身体を引き締めることはできないので、自宅でできる運動を取り入れてみましょう。

自宅でも簡単に取り組める運動として、踏み台昇降運動をおすすめします。踏み台昇降によるダイエットとはどのようになるのか、ご紹介していきます。

踏み台昇降運動って?

踏み台昇降運動というのは、有酸素運動の一種です。踏み台を昇ったり降りたりすることで筋力をアップさせ、代謝をよくして脂肪を燃やすことができるでしょう。

見た目はかなり地味な運動でそれほど動きが激しいわけでもないのですが、実は地味に辛い運動でもあります。

ダイエットによる運動は、まず足を鍛える必要があるといわれています。それはどうしてかというと、足には大きな筋肉があるからです。

筋肉は血液を押し出すポンプのような役割をしているのですが、筋肉が弱ってその機能もうまくいっていないと、代謝も悪くなって太りやすさにつながります。

また血流が滞ってむくみになりやすいです。

足を鍛えれば筋肉が鍛えられ、スムーズに血液が流れて代謝もよくなっていくでしょう。

踏み台昇降運動で鍛えられる筋肉

踏み台症候群は下半身を中心に鍛えられる運動です。

・大腰筋

大腰筋が衰えると骨盤の歪みなどが発生してしまいますが、鍛えておくと身体のバランスが整いやすく、美しい姿勢を維持しやすくなります。

・大腿四頭筋

太もも前面にある大きな筋肉の一つで、足を動かすために必要な筋肉です。大きな筋肉なので鍛えることで血行を促したり、ダイエット効果を高めます。

・大殿筋

股関節にある筋肉の一つですが、足を持ち上げるときに動かす必要のある筋肉で、踏み台昇降運動の動きで鍛えることができ、ヒップアップにつながります。

・腹筋

足を動かすと腹筋にも自然と力が入るので、ぽっこりしていたお腹も引き締まりやすいです。

・背筋

背筋を伸ばして行う運動なので、日頃意識することのない背筋を鍛えることができます。

続けやすさの秘密

踏み台昇降運動は自宅トレーニングでも比較的続けやすいトレーニングだと言われています。

その理由は、自分の好きな場所で好きなだけできるから、です。

例えば、自宅にランニングマシンを買うと、位置を決めて配置しますよね。自分が好きな場所で好きな時にできるのと、マシンが固定されていてその場所でしかできないもの、どちらが続けやすいですか?

やはりいつでも思い立ったときにできる運動は続けやすいです。

踏み台昇降運動は、両足が昇り降りできる踏み台さえあれば、すぐにできます。テレビを見ながらでもいいですし、どこかへ出かけてやる必要もなく、安全な運動です。

踏み台昇降運動の始め方

踏み台昇降運動をするために必要となるものは、まず踏み台ですね。踏み台がないと運動ができません。

サイズとして適切なのは、一歩上がる、というぐらいの高さです。年齢や身体の調子によって変わるので、自分が少し頑張って一歩上がる必要がある程度の高さの台を用意しましょう。

売っている台を購入するのもいいのですが、雑誌を何冊か重ねて作るという方法もおすすめです。

自分で細かく高さ調節ができますし、最初は低めに作っておいて、だんだん筋力がついてきてもっとできるようになれば、高さをアップすることもできるからです。

運動の前に準備体操を

安静にしている状態からいきなり踏み台昇降運動を始めると、足を痛めてしまう可能性があります。

痛めてしまっては運動もできなくなるので、必ず準備体操としてストレッチをしておきましょう。

足首回しや筋肉を伸ばしておくなど…急な運動をして無理しないように、筋肉を柔らかく動かしやすいようにしてくださいね。

ペースは少し息が上がるぐらい

踏み台昇降運動をしている間のペースは、少し息が上がるぐらいが理想です。有酸素運動はすべて、少し息が上がるぐらいで脂肪を燃焼しています。

それよりもペースが遅いと意味がないですし、さらに効果を期待しようと頑張って息が上がりすぎるのも、脂肪燃焼には逆効果です。

基礎代謝はゆっくりと上げて、いい状態を長くキープするのがおすすめです。よく、有酸素運動は20分以上運動しないと意味がないといいますが、そんなことはありません。

運動はした分ちゃんと意味があります。しかし、まず体は血液中の脂肪から燃やそうとするので、あまり短いと体内に蓄積されている脂肪を燃やすチャンスがなくなってしまいます。

無理をする必要はありませんが、最低でも10分以上、可能なら20分から30分ぐらいは続けられるといいですね。

運動後はケアを忘れずに

運動をした後は爽快感もありますが、足を使って疲れたという感覚が残ります。そのままにしておかずに、運動後に足をマッサージして疲れを取り除きましょう。

老廃物になった脂肪をしっかりと流してあげるように、リンパマッサージなどをしてあげるといいですね。入浴は脂肪燃焼効果を最大限に引き出すためにも、運動後30分経ってからがおすすめです。

簡単な運動でも、しっかり効果は出る!

運動というと本格的なものをイメージしてしまいますが、踏み台昇降運動でも立派な運動です。

毎日続けてしっかりと習慣にできれば、自然と脂肪が燃えやすい身体にもなっていきます。

また脂肪が筋肉に変われば、体重が減らなくてもかなり引き締まってみえます。筋肉量をアップさせるためにも、足の筋肉を鍛えたいですね。