30代で激太りする人が続出?30代で太ってしまう理由と対策とは?

みなさんは、30代になってから急に太りやすくなった、若い頃と同じ暮らしをしているのになぜか太ったという経験をしたことはないでしょうか?

実は、30代になると、太りやすくなるという確実な理由が存在しているのです・・・!

残念ながら、若い頃と同じような生活では自然とやせにくく、太りやすい体質になってしまうのです。

その原因と対策を探って、中年太りを回避しましょう!

キーポイントは基礎代謝

ダイエットに関心のある人なら、基礎代謝という言葉は一度は聞いたことがあるでしょう。

基礎代謝とは、何もせずにじっとしていても、人間が生命活動を維持するために必要なエネルギーのことです。

何かしようとしなくても、ただ生きて呼吸をしているだけで、自然と体内のエネルギーが使われていきます。

基礎代謝を割り出してみよう

この基礎代謝の割り出し方は、一日あたりの基礎代謝量の目安となる、基礎代謝基準値に体重をかけた式で求められます。

また、基礎代謝は年齢と共に変動しており、生まれてから1歳〜2歳の時点がもっとも高く、成長するにつれて下降していきます。

それにその時点の体重をかけるので、一般的に思春期である15歳前後がもっとも基礎代謝量が高くなります。

<基礎代謝基準値/男性>

・15〜17歳:27.0

・18〜29歳:24.0

・30〜49歳:22.3

・50〜69歳:21.5

<基礎代謝基準値/女性>

・15〜17歳:25.3

・18〜29歳:22.1

・30〜49歳:21.7

・50〜69歳:20.7

*厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2010年版)より抜粋(http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4e.pdf)

それでは、試しにこの基準値に体重をかけてみましょう。

たとえば、20代の男性で体重が65kgだった場合、基礎代謝量は1,560kcal。

もし30代になって、体重がそのまま65kgだった場合、基礎代謝量は1,449.5kcal。

微々たる差ではありますが、まったく同じ食生活と運動量だった場合、20代から30代になることで、毎日110.5kcalずつエネルギーが余ってしまうことになります。

基礎代謝の減少で太りやすくなる

こういった積み重ねで、気がついたらお肉が付いていたという結果につながってしまうんですね。

つまり、あまり現実的ではありませんが、若い頃とまったく同じ摂取エネルギーと消費エネルギーであったら、何もしなくても毎日少しずつ太っていってしまうのです。

それに、年を取ると、若い頃よりフットワークが重くなってあまり動かなくなることも考えられます。

そうすると、摂取エネルギーが変わらなくても、消費エネルギーはどんどん減っていくので、ますます太りやすくなってしまいます。

太ってくると、体が重くなって余計に動きたくなくなり、さらに太るという悪循環にもなりかねません。

加齢に逆らい基礎代謝を上げる!

30代になってからのダイエットには、年と共に減少していく基礎代謝に逆らうために若い頃よりもっと努力しないといけないでしょう。

しかし、30代以降は仕事や会社で責任を負うことも増えていきますし、サラリーマンなら上司や取引先とのお付き合いも欠かせません。仕事が忙しいとなかなか運動しようという気にはなりませんよね。

それに、デスクワークだとほとんど動かずに座ってばかりいるので、慢性的な運動不足になってしまいます。

筋肉量や体温上昇が基礎代謝アップにつながる

基礎代謝が低いまま運動をしたり、食事制限をしてもツライばかりでなかなか結果が出ないでしょう。

まずは、基礎代謝を上げるためにできることを探してみましょう。

1.筋肉量を増やす

加齢と共に筋肉も衰えていきます。

筋肉があるだけででも、エネルギーの大幅な消費に役立ってくれるので、基礎代謝が低いなら、筋肉量を増やすことも効率的です。

それには、やみくもに運動するのではなく、筋肉を増やせるような筋トレを取り入れてみましょう。

2.体温を上げる

体温が下がると基礎代謝も下がってしまいます。

筋肉量を増やすことで体温を上げることもできますが、しょうがや漢方などを取り入れて体の内側から温めてあげることも有効です。

3.バランスの取れた食生活

痩せたいからと言って、過度な食事制限をすると、ただ筋肉だけが落ちてしまい、ますますやせいにくい体になってしまいます。

糖質や脂質などを適度に控えることはいいのですが、朝食を抜いたりバランスの悪い食生活では逆効果です。

忙しくてしっかりした食事が取れない場合は、サプリメントや酵素などを飲んで、体の中から基礎代謝をあげることができます。

4.血行を良くする

女性の場合は、特に年齢と共にホルモンバランスが崩れたり、冷えや貧血、むくみなどによって血行が悪くなってしまいます。

筋肉量を上げるような筋トレが難しいようなら、簡単なストレッチやマッサージなどから始めて、血行を良くするのもおすすめです。