自重トレーニングとマシントレーニングの違い

パーソナルトレーニングなどトレーニングの現場でよく聞かれる用語に「自重トレーニング」や「マシントレーニング」などといったものがあります。

これらの用語はいずれもトレーニングの方法を指しているのでありますが、一般の人々からするとあまり馴染みがなく、意味もよく分からないといった方が多いのではないかと思います。

そこでここでは自重トレーニングやマシントレーニングといった言葉の意味、それぞれの指す概念の違いやメリット・デメリットなどについて紹介をしていきたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

自重トレーニングとは何か?

まず自重トレーニングとは何かというと、文字通り「自重」つまり「自分の体重」を負荷として用いるトレーニング方法です。

具体的には腕立て伏せや背筋、腹筋などのトレーニングを指します。

自重トレーニングのメリットとしてまず挙げられるのが、床さえあればその他に何のトレーニング器具も必要としないという点です。このためほとんどコストをかけることなくトレーニングを行うことが可能となります。

そして第二のメリットが怪我をしにくいという点です。例えばバーベルなどを使ったトレーニングの場合それを誤って落としてしまうことで怪我につながるというケースは少なくありません。一方で自重トレーニングの場合は器具を使わないためそういったリスクはほぼありません。

ただし、肥満状態の人が自重トレーニングを行う場合、骨が脂肪の重みに耐えられず骨折をしてしまうケースも比較的珍しいものの無いわけではないのでその点には注意が必要です。

次に自重トレーニングのデメリットについてですが、第一に挙げられるのが負荷の値を変えられないということです。当たり前のことではありますが自重トレーニングでは自分の体重以上の負荷はかけられず、自ずとトレーニングの質に限度が出てしまうという問題があります。

第二のデメリットは飽きやすいという点です。自重トレーニングは比較的単純な動作を反復するものが多いため飽きっぽい人では途中でつまらなくなってしまい続けることができないと言ったケースが考えられます。

マシントレーニングとは何か

マシントレーニングとはスミスマシンやレッグプレスマシンといったようなトレーニングマシンを使用したトレーニングの方法です。

マシントレーニングのメリットとして第一に挙げられるのが「正しいフォームでトレーニングができる」という点です。

人力でのトレーニングの場合、人は正しいフォームを維持するということはできません。そもそも身体に微妙な歪みが生じていたり、トレーニングの途中でフォームがずれていってしまったりするということがあります。

これに対しマシントレーニングではマシンが矯正を行うため常に正しいフォームを維持しトレーニング効率を上げることが可能となります。

ただしこの「マシンによる矯正」には同時にデメリットも存在します。それはマシンがあらかじめフォームをしてしまうため、特定の筋肉の部位を鍛えるのには効率が良いものの全身運動にはならず、またトレーニングをしながらフォームを微調整するなどの体幹を使った運動にもならないという点です。

複数のトレーニングを組み合わせることがベスト

このように自重トレーニングとマシントレーニングとではそれぞれにメリットとデメリットが存在します。

そのため実際にバランスよく身体を鍛えたいという場合にはそれぞれのトレーニングをバランスよく行う必要があると言えます。

また多くのパーソナルトレーニングジムでは、こういったバランスも考慮した上でパーソナルトレーナーによって指導されるということが一般的です。